貼るだけで電気料金を削減する省エネ商品DENGUARD(デンガード)公式サイト

鈴鹿4耐2017 出場チームスポンサー

正規販売店専用ページへ

English Site

ご利用者様の声

活動日記

DENGUARD(デンガード)の活動を綴った活動日記です。
DENGUARDは、お客様の大幅な電気料金削減のため、日々活動しております。

一覧へ戻る
2018.12.13
【世界問題】平均気温の上昇問題

地球の平均気温、現状続けば3.3度上昇する可能性=欧州研究機関

2018年12月13日 09:38 ロイター

[カトヴィツェ(ポーランド) 11日 ロイター] – 欧州の3つの独立研究機関で構成される「クライメート・アクション・トラッカー」(CAT)が11日に発表したリポートによると、世界の平均気温は2015年のパリ協定で設定された水準をはるかに上回る見通し。だが、今世紀末までの上昇幅は一部の国の目覚しい努力によって予想ほど深刻化しない可能性があるという。

パリ協定は、世界の気温上昇を産業革命以前と比較して2度を「大きく下回る」ことを目指している。同協定の2020年の発効を前に、当地では今月14日まで、国連気候変動枠組み条約第24回締約国会議(COP24)が開催されているが、安全な水準の上昇に抑えるには力不足との懸念もある。

CATは、2015年以降進展が見られるとしながらも、現状の政策では気温が3.3度上昇する状況にあると予想。これは1年前に示した予想の3.4度を下回る数字で、現在進行中の政策を各政府が実行すれば、2100年時点の気温上昇が3度に抑制できる可能性があるとしている。

国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は10月、気温上昇を1.5度に抑制するのは可能だが、人類の行動に迅速かつ前例のない変化が必要との見解を示した。

パリ協定成立以降、アルゼンチン、カナダ、チリ、インドおよび欧州連合(EU)は正しい方向に動いており、ノルウェーやコスタリカは低炭素移行や再生可能燃料の普及において進展が見られた。一方、中国の二酸化炭素排出は、今年また増加した。

さらに、米国、オーストラリア、ブラジル、インドネシア、ロシア、アラブ首長国連邦(UAE)などは、進展が見られないか、または後退しているという。

投稿者:

denguard_yamaguchi

※パスワードの変更は不具合時のトラブル回避のため、なさらないようお願いいたします。

一覧へ戻る

貼るだけで電気料金を削減!

新時代を築く、驚きの省エネ商品

0120-409-477

まずは一度、お気軽にお問い合わせください。

Copyright (C) DENGUARD-デンガード- All Rights Reserved. Created by Co., Ltd アババイ.

ノロウィルス対策はこちらお問い合わせ

PAGETOP